【最大50%ポイント還元】講談社の書籍・雑誌 1万点セールからおすすめのKindle本をピックアップ

 

Kindleで講談社の書籍・雑誌のセールが始まっています!

1万点のセール品の中から、「これは」と思う良書をピックアップしてご紹介します。

文庫

まずは2016年に映画化された『聖の青春 (講談社文庫)』です。

 
腎臓病と戦いながら将棋のプロの第一線で戦い続けた棋士、村山聖の一生を描いた物語です。

プロの第一線とは、「A級順位戦」という、現役棋士全員が参加する順位戦。

A級はその中でも一年に一回の名人への挑戦権を争う、まさに将棋界の最高峰なのです。

羽生善治永世名人(現在)をはじめ、数多くのトップ棋士と戦いながらも病に倒れた若き棋士の青春物語、

胸を打つものがあります。

割引で435円のところ、更にポイント還元で50%(218pt)ついていますので、実質217円です。

聖の青春 (講談社文庫)
聖の青春 (講談社文庫)

posted with amazlet at 17.06.02
講談社 (2014-07-18)
売り上げランキング: 426

 
 
真山仁の『新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)』も安くなっています。

新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)
講談社 (2013-11-29)
売り上げランキング: 1,585

 
テレビドラマや映画では大森南朋演じるファンドマネージャー「鷲津」をはじめとする、

個性的な登場人物の「カネ」を巡る人間ドラマに目が離せません。

テレビや映画とはまた一味違う企業買収の世界、ぜひ堪能して下さい。

上巻は割引で605円、更にポイント還元で49%オフ(302pt)となっておりますので、実質303円です。

新装版 ハゲタカ(下) (講談社文庫)
講談社 (2013-11-29)
売り上げランキング: 1,192

 

新書

講談社現代新書も、好きな新書の一つです。

新書については、残念ながらあまり安くなっていませんが、

おすすめの書籍をピックアップ!

 
読み始めると止まらない、『中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)』。

タイトルからすると「泥棒の話?」と思いきや、

中国の歴代の王朝の変遷を描いた新書なのです。

 
著者によれば、中国は王朝が起き、政治が腐敗し、民衆が反乱を起こし、その中から新たな王朝が起きる、そしてまた政治が腐敗し・・

の繰り返しなのだといいます。

現在の中華人民共和国も一種の王朝と考えると・・

とてもおもしろい一冊。

ぜひ、手に取って・・と言いたいところですができませんのでポチしてみて下さい。

中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)
講談社 (2013-07-26)
売り上げランキング: 40,997

 
 
新書の2冊目は、『ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)』。

ヒトラーとナチス・ドイツといえば、独裁者、ファシズム、大量虐殺等、

ネガティブなイメージがつきまとい、現代でも政争相手の独善的な政治手法を批判する際に引き合いに出されたりします。

しかし、当時のドイツ国民は、なぜそのような政権を選んだのでしょうか?

それも、民主的な手続きを通じて。

傘下の組織を使って暴力的な政治活動を行った側面はあるものの、

ナチスは最初から政治の第一党に上り詰めたわけではありません。

当時のドイツ(ワイマル共和国)を取り巻く国際情勢や国民の生活状況など、

様々な要素が絡み合って、ナチス・ドイツ政権が成立したことがわかります。

現代日本も、本当に他人事だと言い切れますか?と、自らに問いたくなる一冊です。

ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)
講談社 (2015-06-26)
売り上げランキング: 22,755

 


 

絵本

最後は、わたしの大好きな絵本をご紹介します。

何度読んでも涙が止まらなくなる、『100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)』。

 
ねこは、様々な飼い主の下で生き続けます。

飼い主が亡くなると、また次の飼い主の下へ。そしてまた・・

ねこはいつも一匹でした。

それがある日、不思議な出会いをし・・

 
書いているだけで涙目になってしまいました。

ぜひ、タブレット等の大きな画面の端末でご覧になって下さい!!!

216円割引で1296円のところ、更に39%ポイント還元(518pt)で実質778円です。

お子さんへのプレゼントは、実物の絵本の方がいいかな?

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)
講談社 (2014-11-28)
売り上げランキング: 9,387

 
 
さて、講談社のセールからご紹介した何冊かの本、お気になられた本はありましたでしょうか?

セールは6/8までやっているようですので、ぜひお気に入りの一冊をみつけてみて下さいね。

講談社の書籍・雑誌 1万点 最大50%ポイント還元セール(6/8まで)

洗脳 地獄の12年からの生還
講談社 (2014-08-08)
売り上げランキング: 37,031
カテゴリー: Books, Diary | コメントは受け付けていません。

Amazon Linuxでserverspec-initができない(`require’: cannot load such file — io/console (LoadError))

 


 

Amazon Linuxでserverspecのインストールはできるが、

serverspec-initができない。

Amazon LinuxのAMI IDはamzn-ami-hvm-2017.03.0.20170417-x86_64-gp2 (ami-923d12f5)、

Rubyのバージョンはruby 2.0.0p648 (2015-12-16) [x86_64-linux]、

rakeのバージョンはrake, version 12.0.0。

 
serverspec-initを実行すると、


[ec2-user@ip-192-168-11-11 serverspec]$ serverspec-init
/usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require': cannot load such file -- io/console (LoadError)
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/net-ssh-4.1.0/lib/net/ssh/prompt.rb:1:in `'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/net-ssh-4.1.0/lib/net/ssh/key_factory.rb:2:in `'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/net-ssh-4.1.0/lib/net/ssh/authentication/key_manager.rb:2:in `'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/net-ssh-4.1.0/lib/net/ssh/authentication/session.rb:4:in `'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/net-ssh-4.1.0/lib/net/ssh.rb:12:in `'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/specinfra-2.67.9/lib/specinfra/backend/ssh.rb:3:in `'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/specinfra-2.67.9/lib/specinfra/backend.rb:3:in `'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/specinfra-2.67.9/lib/specinfra/core.rb:7:in `'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/specinfra-2.67.9/lib/specinfra.rb:1:in `'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/serverspec-2.38.0/lib/serverspec.rb:2:in `'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /usr/share/ruby/vendor_ruby/2.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/serverspec-2.38.0/bin/serverspec-init:5:in `'
from /home/ec2-user/bin/serverspec-init:23:in `load'
from /home/ec2-user/bin/serverspec-init:23:in `

'

となる。

ログを見て、ああ、io-consoleがないのね、と思い、gem install io-console するが、


[ec2-user@ip-192-168-11-11 serverspec]$ gem install io-console
Fetching: io-console-0.4.6.gem (100%)
Building native extensions. This could take a while...
ERROR: Error installing io-console:
ERROR: Failed to build gem native extension.

/usr/bin/ruby2.0 extconf.rb
mkmf.rb can't find header files for ruby at /usr/share/ruby/include/ruby.h

Gem files will remain installed in /home/ec2-user/.gem/ruby/2.0/gems/io-console-0.4.6 for inspection.

となる。

むむーーーーーー

ヘッダーファイルがみつからない的なエラーが出ているため、

sudo yum -y install ruby-devel

したが変わらず。

それではということで、

sudo yum install -y ruby20-devel gcc-c++

したらio-consoleインストールできた!!!!!!!!!

 
というわけで、無事serverspec-initもできた。

最近のAmazon LinuxのRubyだと起きる・・?
 

awspecでspecファイルをgenerateすると(中略)awsecrets-1.10.1/lib/awsecrets.rb:59:in `exist?’: no implicit conversion of nil into String (TypeError)

 


 

Infrastructure as codeである。

 
「エンタープライズにAWS?早い早い」などという担当者の方の冷笑はいまや昔。

今日ではあの三菱東京UFJ銀行までがAWSを利用しようかというご時勢である。

そんな時流に乗り、弊社も忙しい。とっても忙しい。

手のぬくもりを大切にした環境構築ではもはや追いつかない。

そこで自動化を推進するわけである。

Terraformは以前からちょいちょい触っていたが、インフラ構築にもTDDをということで、

awsspecを検証してみた。

 
Amazon Linuxに2.x系のRubyを入れ(詳細は割愛する)、


gem install awspec
mkdir awspec
cd awspec
awspec init

ここまでは順調。

問題はこの後、


echo "require 'spec_helper'" > spec/ec2_and_rds_spec.rb
awspec generate vpc vpc-xxxxxxxxxc >> spec/ec2_and_rds_spec.rb

しようとすると、


$ awspec generate vpc vpc-1871177c >> spec/ec2_and_rds_spec.rb
/home/ec2-user/.rbenv/versions/2.3.1/lib/ruby/gems/2.3.0/gems/awsecrets-1.10.1/lib/awsecrets.rb:59:in `exist?': no implicit conversion of nil into String (TypeError)

というエラーが出る。

 
“secrets”とあるからてっきりaws configure関連かと思ったが、実行しても変わりはない。

こんな時は公式サイトを見るのだ。

 
結局、

・specディレクトリの下にsecrets.ymlを作成

$ cat <<EOF > spec/secrets.yml
region: ap-northeast-1
aws_access_key_id: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
aws_secret_access_key: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
EOF

awsecretsをインストールする

$ gem install awsecrets

とやったところ、specファイルが生成され、自動テストが実行できるようになった。

 
パラメータシートとにらめっこして画面ショットを取るのもせつないので、

うまく活用していきたい。

 

Infrastructure as Code ―クラウドにおけるサーバ管理の原則とプラクティス
Kief Morris
オライリージャパン
売り上げランキング: 9,259