Windows Server 2012 R2にLanguage Pack(言語パック)をインストールする


 

Windows Server 2012 R2をインストールしたのだが、うっかりenバージョンをインストールしてしまった。

再インストールするのもダルいので、Language Pack(言語パック)を導入することにした。

言語パックのインストール、昔のWindows Serverはsetup.exeを叩くだけだった気がしたが・・2012はコマンド実行が必要な模様。

手順

1、Windowsディスクイメージ書き込みツールで、language packの.isoイメージをDVDに焼く。

2、DVDドライブにメディアをセットし、PowerShellを起動。

3、DVDドライブに移動。DVDドライブのドライブレターがDであれば、

D:

と打ち込む。

4、日本語の言語パックのディレクトリに移動し、Dismコマンドを実行。

cd ja-jp
Dism /Online /Add-Package /PackagePath:lp.cab

5、インストール完了後、UIのデフォルト言語を日本語にする。
PowerShellで、以下を実行。
サーバ再起動後、UIが日本語になっていることを確認。

Set-WinUILanguageOverride -Language ja-JP
Restart-Computer

※デフォルト言語の設定は、GUIでControl Panelを開き、Clock, Language, and RegionセクションからAdd a languageを選ぶ。
その後日本語のOptionsをクリックし、「Make this the primary language」でもよい。

 


この記事はWindowsに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事