(ネタバレ注意)シビル・ウォー/キャプテン・アメリカに絶望した3つのこと

Pocket

 

絶望した!

昨日観たシビル・ウォーに絶望した!!!

civil_war_20160505
http://marvel.disney.co.jp/movie/civilwar.html

 

ペッパーが出てない

 
ホリー先生(注:gleeでのグウィネス・パルトロウの役名)が出てない!!!

 
そりゃ「アイアンマン」名義じゃなくて「キャプテン・アメリカ」名義のタイトルですから、

おおっぴらに出演するのはなしってのはわかりますけど、

出演時間0秒はそりゃねーでしょうよ~。

ペッパーとトニー・スタークがちちくりあう姿を楽しみにしていたのに・・

カメオ出演(日本でいう友情出演)ぐらいしてくれてもいいじゃないか!!!!!

幻滅です。

 

スカーレット・ウィッチとヴィジョンがチートすぎてキャラ間の強さバランスが悪い

 
まあ「シビルウォー」というか「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」から

なんですけど、感想としてこの2人強すぎるでしょ。

 
先ずX-MENのジーンとキャラ被りしてると俺の中で話題のスカーレットなんですけど、

サイコキネシスで爆発の発生源操って空中で爆発させるとか、

チートすぎるでしょ。明らかに他のスーパーヒーローより能力が強すぎる。

 
次はタコ坊主(ヴィジョン)。俺の中ではタコ坊主なんですけど、

壁抜けしたり他人の体すり抜けたりできるんだから、

体に入ってあの強烈ビームで体内から破壊したら無敵でしょ。

基本的に(第一作の)アベンジャーズは肉体使った格闘かミサイルや弓矢がメインなのに、

ジーンスカーレットとヴィジョンだけ妙に能力が強いのに絶望したわけですよ。

(ハンマーの男は神だから仕方ない)

さ・ら・に、

ジャービス(「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」までのアイアンマンスーツのAI)と

トニーの掛け合い漫才が楽しみだったのに・・それもなくなってしまった・・

絶望した。

 

ヒーロー多すぎてもうわけわからん問題

 
マーベルコミックから読んでるコアなファンの方なら「ウヒョー(加藤一二三九段)」って感じだと思うんですけど、

そろそろ誰が誰なんだかわからんようになってきました。

男塾で言ったら「七牙冥界闘(バトルオブセブンタスクス)編」あたりで、

なんか知らんけど山登りに不便そうなバイク乗ったやつが参画してるな、みたいなもやもやした気分になるわけですよ。

 
アントマンも正直「どこがスーパーヒーローやねん」感があり、

途中でかくなった気がしたんですがアレはあれか、

男塾で大豪院邪鬼が初登場した時の、闘気があまりにも強すぎてデカく見えてしまうアレか。

それをやっちゃおしまいよ感が強く、次回作ではゴジラあたりが友情出演するかもしれません。

だから絶望した。

 

え、じゃあ映画つまんなかったの?

 
いや、すごい楽しめました(キリッ

 
ヒーローが活躍する裏で、街中が壊滅的なダメージを受けてしまい、

実はその中で一般市民までも巻き添えを食って多くの人命が奪われ、

残された家族は心に大きな傷を受け、復讐を企てる・・

 
これは完全に『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』のパクリですね。(断言)

(『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』は名作です。未見の方はぜひご鑑賞ください)

 
本作は、「正義とはなにか」というテーマに挑んだ作品だったと思うわけですよ。

正義は、所詮は解釈でしかあり得ません。

中東で残虐非道を繰り返すISに対して爆撃による掃討作戦が行われる裏で、

亡くなったISの兵士にも家族がいるでしょう。

虐殺に虐殺で対抗することで、お互いの「正義」がconflictを起こしてしまい、

それは永遠に終わらないわけです。

その悲劇を終わらせるためには、大きな勇気と決断が必要になります。

それが、キャプテンアメリカとアイアンマンの悲しい激闘の後、

ブラックパンサーが言った

「私はもう終わらせる」的な発言につながったと思うんですよね。

 

まとめ

 
前提知識ゼロで観るにはちと厳しいものがあります。

せめて「アベンジャーズ」と「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」ぐらいは

事前に観て予備知識を仕入れられることをおすすめ致します。

 

アベンジャーズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-06-24)
売り上げランキング: 128

 
 

 

Pocket

この記事はDiaryに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事