ODAC 11.2 Release 3 (11.2.0.2.1) with Oracle Developer Tools for Visual Studioインストール


 

.NET + Oracle DBで遊んでます。DBはOracle 11gR2 Express Edition。

ODAC11.2は以下からダウンロード。

http://www.oracle.com/technetwork/jp/topics/index-087744-ja.html

zipを解凍してsetup.exeを実行。

次へ。

次へ。

今回はOracle Clientの方を選択。

パスはXEのインストールされているディレクトリに変えた。
OracleベースをC:\oraclexe\app\oracleに変更。

今回はVisual Studio 2010を選択。

インストール完了。Visual Studioを起動する。

サーバーエクスプローラーのデータ接続を右クリックし、接続の追加。

接続情報の入力。

Visual StudioからOracleの中身が見えるようになった。

これでごにょごにょできる。

 


この記事は.NET, Oracleに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事