Windows DNSのレコードをコマンドで一括登録


 

新システム用に導入したサーバ群があるのだが、Windows系のサーバはActive Directoryへのドメイン参加した際にWindows DNSにレコード登録されるが、Linux/UNIX系のサーバは別途レコードの登録が必要になる。いちいち手で登録してられないので、コマンドでレコードを追加する。

Windows Server 2008のDNSでのケース。
ドメインがhogehoge.local、ホスト名がhogehogesrv01、IPアドレスが192.168.1.100の場合、サーバのコンソールで以下を実行。

dnscmd /recordadd hogehoge.local hogehogesrv01 A 192.168.1.100

Excelでホスト名とIPアドレスの一覧を用意しておけば、後はちゃちゃっと加工してコマンドのリストを簡単に作れる。

なお、Windows Server 2003以前についてはデフォルトではdnscmdがインストールされていないため、Active Directory サポート ツールをインストールすること。

Active Directory サポート ツール
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc782713(v=ws.10).aspx


この記事はWindowsに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事