Oracleで、ロック競合の確認と、ロックの強制解除方法


 

開発フェーズの初期段階では、アプリからDBを管理している技術基盤チームにロック解除依頼が頻繁にくる。
Oracleで競合しているロックを調べて、killする方法は以下の通り。

ロック競合を確認する。

SQL> select sid, serial# from v$session where sid in (select sid from v$lock where type in ('TM','TX'));

SID SERIAL#
---------- ----------
133 62932
197 44679

alter system kill sessionで、ロックを解除する。

SQL> alter system kill session '133, 62932';

System altered.

SQL> alter system kill session '197, 44679';

System altered.

 

Oracleの現場を効率化する100の技
鈴木 健吾 玉置 雄大 塩原 浩太 小林 修 大森 慎司 内村 友亮
技術評論社
売り上げランキング: 52,895

この記事はOracleに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事