通勤英語学習に最適!『英会話ペラペラビジネス100』について押えておくべき3つのこと


 

Amazon Kindleで、アルク英会話関連書籍の期間限定セールをやっている。

kindle_alc_20150403

【期間限定セール】アルク英会話関連書籍 – Amazon.co.jp: 電子書籍 Kindle本

いずれも英会話教材のベストセラー作家スティーブ・ソレイシィの著作なのだが、なんといってもおすすめなのが『[音声DL付]英会話ペラペラビジネス100 スティーブ・ソレイシィ シリーズ』だ。

わたしも、毎日通勤の電車の中で、本書を活用して英語の”コツコツ勉強”をしているのだが、本書を活用する上での3つのポイントを紹介したい。

ベースになっている考え方は、以前書いた「iPadで学ぶ英語学習法」を踏襲している。

 

1、電子化しよう

なにをおいても先ずは電子化(自炊するか、電子書籍を購入)すべし。

電子化により、いつでもどこでも、iPhoneやAndroid等のスマホで1~2ページ、サッと参照することができる。
この手軽さが、コツコツ学習において何よりも重要なのだ。

 

2、全ページ読もうとしない

本書は、基本的に以下のような短いダイアログ(SHORT RALLY)を掲載したページと、

IMG_4346

ダイアログの解説と重要フレーズの応用例のページがセットになっている。

IMG_4347

わたしの場合、毎日のコツコツ勉強で読むのは最初の短いダイアログのページだけだ。

解説と応用例のページは捨てる

ついつい欲張って解説も読み、応用例のフレーズも暗記せねばとがんばってしまいがちだが、それではいつか疲れて嫌になってしまう

短いダイアログの日本語を読み、頭の中でサッと瞬間的に英訳する。
これを繰り返す。
対話形式なので、例文のフレーズがずらずらと羅列された英会話本よりも、ずっと頭に定着しやすい。

 

3、1日1ページ、30秒でもいい

とにかく、「欲張らない」

1日1ページでもいいので、日本語を読み、瞬間英作文をする。

30秒で終わる。

これを毎日続ける

もちろん、調子のいいときは何ページも先に進めて問題ない。
慣れてくると、5~10ページぐらい一気に進むようになる。
ここでも大事なのは、解説と応用例のページは捨てることだ。
本書に書かれている100のダイアログが、スラスラと声に出して話せるまでコツコツ続けることが肝心。

 
で、飽きっぽいわたしの場合、1冊だけだとだんだん物足りなくなってくるので、『DUO 3.0』とかを電子化したものを併用している。

この場合も、個々の単語の意味や解説を熟読するようなことはせず、日本語の例文を一文読み、それを瞬間英訳する、ということを繰り返す。

 
 
英語のいらない日本での日常生活ですが、色々と工夫して、コツコツ勉強を続けていきたいものですね!

 

DUO 3.0
DUO 3.0

posted with amazlet at 15.04.03
鈴木 陽一
アイシーピー
売り上げランキング: 25
この記事はBooks, Englishに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事