Amazon EC2のインスタンスタイプを変更


 

これまでインスタンスタイプをt1.microで運用してきたAWS上のインスタンスを、m1.smallに変更したい。

インスタンスをTerminateしてしまうとデータが消えてしまうため、バックアップを取り、そのバックアップからインスタンスを起動しなおす。
instanceのTypeを変更した時の手順をメモ。Root Deviceのタイプはebs。

1、前準備

稼働中のインスタンスイメージからAMIを作成するため、ApacheやMySQL等の稼働中のサービスを停止。
また、AWS Management ConsoleにてElastic IPをDe-associateしておく。

2、稼働中のインスタンスイメージからAMIを作成

AWS Management ConsoleのInstancesの画面で、稼働中のインスタンスを選択し、右クリック→Create Image(EBS AMI)を実行。
AMI名等を入力し、AMIを作成。

3、作成したAMIからインスタンスを起動

AMIsの画面で、作成したAMIを選択し、インスタンスをLaunch。この時に、インスタンスのTypeをm1.smallにする。

4、事後処理

サービスを起動したり、Elastic IPをAssociateしたり。

昔はEBSのAMI作るのにもコマンドでいろいろ作業しないといけなかったけど、便利になったもんだ。

この記事はAmazon Web Servicesに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事