VMXNET3のNICアダプタがない


 

vSphere 4.1上に、ゲストOSとしてWindows Server 2008 R2をインストール。
仮想NICとしてVMXNET3を選択したところ、OSインストール後、NICが認識されていない。

これは、VMware Toolsがインストールされていないため。VMware Toolsインストール後、OSを再起動すると仮想NICが認識された。

なお、ゲストOSインストール時、デフォルトでは仮想NICとしてE1000が選択されるが、VMwareの推奨としては最新のVMXNET3のようだ。機能的にエンハンスがあるだけでなく、パフォーマンスも向上しているらしい。

参考:Which NIC for Windows 2008? E1000 or VMXNET 3?
http://communities.vmware.com/thread/212090

この記事はVMwareに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事