Windows Server 2008のリモートデスクトップ接続でファイルコピーやテキストのコピー/ペーストを禁止する


 

リモートデスクトップ接続経由でのファイルコピーやテキストのコピー&ペーストは便利だが、時には禁止しないといけないこともある。例えば、社外からのシステム運用用途で外部ベンダにリモートデスクトップ環境を使用させているが、ファイルコピーやテキストのコピペは禁止したい、等のケースだ。

Windows Server 2008のリモートデスクトップ接続でファイルコピーやテキストのコピペを禁止するには、

1、サーバ側で、スタート→管理ツール→リモートデスクトップサービス→リモートデスクトップセッションホストの構成 を実行。

2、「接続」の「RDP-Tcp」を右クリックし、プロパティを実行。

[amazon_enhanced asin=”4797358238″ /]

3、「クライアント設定」タブをクリックし、リダイレクトにて、「ドライブ」と「クリップボード」をチェックし、適用。

アクティブなセッション(現在既に接続しているセッション)には適用されないため、一度ログオフさせること。

 

この記事はWindowsに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事