インストーラは、ファイル C:\Users\ADMINI~1\AppData\Local\Temp\2\<中略>\KEY_XE.regをインスタンス化できませんでした。ファイルが存在しません。


 

64bitのOracle XE 11gをインストールする際に、以下のエラーが発生。
OSはWindows Server 2008 R2 Standard Editionの64bit版。

32bitのXEではこんなことは起こった記憶がないのだが・・。

とりあえず該当ファイルを探す。

隠しフォルダーを表示にしていない場合は、エクスプローラでF10を押してメニューを表示させ、ツール→フォルダオプション→表示タブにて、ファイルとフォルダーの表示を”<省略>表示する”に変更しておくこと。
また、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックははずしておくこと。

エクスプローラでC:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\Tempに移動し、KEY_XE.regを検索するものの、何もヒットしない。

ちょいググり、以下のサイトを見つけた。

https://forums.oracle.com/forums/thread.jspa?threadID=2289186

先ず、インストーラを実行し、以下の画面まで進める。

ここで「インスール」はクリックせず、エクスプローラを開く。

エクスプローラでC:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\Tempに移動し、OracleMTSRecoveryService.regを検索。
私の環境の場合、C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\Temp\2\{C5052D80-58AA-47D4-86FF-068039A80E2F}にあった。
“{}”の部分は環境によって異なるので注意。

OracleMTSRecoveryService.regをコピーし(そのままリネームしてはいけない!)、コピーしたファイルをKEY_XE.regにリネームする。
その後、インストーラに戻り「インストール」を実行することで、無事にインストールできた。

[amazon_enhanced asin=”4798124974″ /]

こりゃどう考えてもバグでんがな・・。

この記事はOracleに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事