Amazon S3を使ってiPadの容量を仮想的に増やす


 

ふと、新しいiPadのSafariからAWS Management Consoleが使えることに気付いた。
昔は、コンソールにアクセスはできるけど、使えなかった記憶が。

ちょうど、自炊した書籍のPDFデータの内、「すぐには使わないけど、もしかしたら将来使うかもしれない。使いたくなったら出先でもダウンロードしたい」データをどこに保存しておこうか考えていて、Dropbox、SugarSync、SkyDrive等のクラウドストレージについて比較調査している最中だった。

AWS Management ConsoleがiPadで使えるなら、Amazon S3にデータを保存しておいて、必要になったらデータをダウンロードして、GoodReader等でデータを閲覧すればいいではないか。
 

PCでAWS Management Consoleを開き、S3にデータをアップロードしておく。複数ファイルの一括アップロードもできる。


 

iPad側の操作。

iPadのSafariでAWS Management Consoleにログインし、S3を選択。
(※残念ながら、iPadのSafariでAWS Management Consoleにアクセスすると、Safariがよく落ちる・・)
ダウンロードしたいPDFを選択し、画面右部のPropertiesをタップ。


 

PDFデータのプロパティが表示される。試しにLinksをクリックしてみると・・


 

デフォルトではインターネット上に公開されない設定になっているため、Access Deniedになる。


 

ダウンロードするには、ダウンロードしたいPDFデータを選択し、Actions→Make Publicをタップ。


 

インターネットに公開される。GoodReaderでダウンロードするには、Linksに指をあてたままにし、メニューを表示させる。リンクをコピー。


 

SafariのURLバーにペーストし、URLの先頭に”g”を追記し、実行(例:ghttps://~)。


 

GoodReaderに自動的に切り替わり、ダウンロード完了後、データを閲覧できる。


 

ダウンロード後、AWS Management Consoleにて、Make Publicしたデータを非公開に戻しましょう。ダウンロードしたPDFを選択し、画面右部のProperties。Permissionsタブに”Everyone”への権限が追加されているので、削除し、Save。

こんな感じで、割と簡単にiPadの仮想ストレージにできる。
ただ、Make Publicにすると、自分以外にもデータが公開される点がイマイチ。IAMでユーザ作って、そのユーザに権限を割り当てたりしたが、結局うまくいかなかった。やはりAPI利用してアプリ作るしかないか。

[amazon_enhanced asin=”4844329804″ /]

なお、Amazon Web Servicesに新規サインアップしたユーザには、S3を1年間無料で使用できる範囲がある。

AWS 無料使用範囲

AWS の無料使用範囲の一環として、Amazon S3 を無料で開始していただけます。サインアップしていただくと、AWS の新規お客様は、Amazon S3 ストレージ 5 GB、20,000 Get リクエスト、2,000 Put リクエスト、データ送信 15 GB を毎月1年間ご利用いただけます。

https://aws.amazon.com/jp/free/

DropboxやSugarSyncほど多機能・お手軽ではないが、一つの選択肢として。

トラックバック: 1

関連記事