Windows Server 2008でPowerShellの実行を有効化


 

サーバでPowerShellのスクリプトを作成し、.ps1ファイルを実行するためには、スクリプトの実行ポリシーを変更する必要がある。

PowerShellを起動し、

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

を実行する。RemoteSignedを指定すると、ローカルに保存された.ps1ファイルと、インターネット経由でダウンロードしたファイルの内署名入りのものが実行可能になる。

現状の実行ポリシーを確認するには、

Get-ExecutionPolicy

を実行すること。

この記事はWindowsに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事