Linuxで、ファイルの削除を禁止する


 

Linuxで、一般ユーザが作ったログ等について、ファイルに追記はできるが、削除はできないようにする方法。

chattrコマンドを利用すれば、簡単に実現できる。

hogehoge.txtを追記モードで開き、書き込みすることはできるが、ファイル削除は禁止するには、

chattr +a hogehoge.txt

解除するには、「-」をつける。

chattr -a hogehoge.txt

 

編集も削除も一切禁止したい場合は、

chattr +i hogehoge.txt

解除するには、同じく「-」をつける。

chattr -i hogehoge.txt

 

chattrによる制限状況を確認するには、lsattrコマンドを使いましょう。

[root@hogehoge home]# lsattr /var/log/hogelog
-----a------- /var/log/hogelog/hogehoge_20120610005016.log
-----a------- /var/log/hogelog/root_20120610004440.log
-----a------- /var/log/hogelog/root_20120610003347.log

[amazon_enhanced asin=”4774151432″ /]

この記事はLinuxに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事