『ヴイエムウェア、米国の「Fusion」「Workstation」開発チーム全員を解雇か』ですか・・


 


儲かるエンタープライズ領域に経営資源を集中ということなんでしょうが、
時代の流れを感じさせますなあ。

 
 
“ヴイエムウェア、米国の「Fusion」「Workstation」開発チーム全員を解雇か”
http://japan.zdnet.com/article/35076954/

VMware Workstationとか、無償版のVMware Serverには本当にお世話になった思い出があって、
ローカルPC上で「壊してもすぐに戻せる」WindowsやLinuxの環境を実現できるのは、
インフラ屋としては夢のような「おもちゃ」であったわけです。

おもちゃとはいえ、容易に仮想環境を構築できることで、
大変色々な技術的な勉強もさせて頂きました。

その部門が開発チーム全員解雇というのは、非常に寂しい話です。
Workstationも、現行の12のサポート期限の2017年2月25日までは安心して利用できるでしょうが、
その後はちと微妙ですね。

とはいっても、最近のVMware Workstationの利用は、
VM Importを使ってVMwareからAWSに仮想イメージを移行する検証ばっかりだったりするのですが・・

 
エンタープライズ領域ではまだまだ数年はニーズはあるかと思いますので、
VMwareさんにはがんばってほしいと、元VCPとしては切に願うものであります。
(数年経った後は微妙)

VMware徹底入門  第4版 VMware vSphere 6.0対応
ヴイエムウェア株式会社
翔泳社
売り上げランキング: 12,865
この記事はVirtualization, VMwareに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事