TOEIC、一番使える教材、裏切られた学習法


 

コンビニでプレジデントムックの「成果10倍の勉強法」を買っちまったのですが、TOEICの役に立つ勉強法、役に立たない勉強法を扱った「1000人調査でわかった!一番使える教材、裏切られた学習法」がおもしろかったのでメモ。

高得点者に聞いた「役に立った教材」

TOEIC高得点者に聞いた「役に立った教材」は、以下のような結果だったらしい。

順位 教材 票数
1 NHKラジオ講座 38
2 アルク ヒアリングマラソン 15
3 TOEIC公式問題集 7
4 DUO 6
5 TIME 5
5 TOEIC800点突破シリーズ 5
5 ハートで感じるシリーズ 5
5 リンガフォン 5
9 ベルリッツのテキスト 4
10 iKnow! 3
10 CNN 3
12 七田式超右脳英語勉強法 2
12 ENGLISH JOURNAL 2
12 Grammar In Use 2
12 The Japan Times 2
12 TOEIC Test 「正解」が見える 2
12 アメリカ口語教本 2
12 イングリッシュ・アドベンチャー 2
12 スピードラーニング 2
12 スーパーエルマー 2
12 ライトハウス英和辞典 2
12 アルク英辞郎 2
12 シドニー・シェルダン 2
12 総合英語Forest 2

NHKラジオ講座が圧倒的に人気があるようだが、リスニングの教材としてはイマイチだと思う。
NHKのサイトでストリーミングが聞けるので試してみたのだが・・

実践ビジネス英語
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/business2/index.html

講師の日本語による解説が入っている!リスニングの訓練をしている時に、英語→日本語→英語→日本語という聞き方をするのは、Second Language Aquisition的に誤った訓練法。所謂「英語脳」を作るためには、英語を英語として聞き取り、その意味を理解する(つまり日本語に訳さない)という訓練が必要なのだが、日本語の解説があるとその訓練の妨げになる。また、ダウンロードは有料というところも残念。

一方、アルクのヒアリングマラソンは、実際使ってみたことがないので正確なところはわからないが、英語だけっぽい。

http://www.alc.co.jp/eng/hearing/hm/news/

ただし受講料が一般52,290円、会員47,061円だそうで、これを安いと思うか高いと思うかは人それぞれ。

また、TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>DUO 3.0は、Amazonでも評価が高いようだ。DUOって、出版2000年だったんだな・・。ロングセラーの良書ということか。

最近話題のiKnow!もランク入りしている。

ソフトバンクグループ社員約2万人、「iKnow!」で英語学習
http://japan.internet.com/busnews/20120425/10.html

実際に有料のサービスを試したことはないのだが、iKnow!のサイトで英語の慣用句が、音声入りで聞けるのはよいと思った。

http://iknow.jp/content/business

このサイトを度々訪問して勉強すれば、「ビジネスなんちゃらの英語表現500」みたいな本を購入しなくて済む。



 
高得点者に聞いた「買って失敗したと思った教材」
 
さて、逆にTOEIC高得点者に聞いた「買って失敗したと思った教材」は・・・

順位 教材 票数
1 NHKラジオ講座 5
2 スピードラーニング 4
3 リンガフォン 3
3 Oxford Dictionary 3
3 イングリッシュ・アドベンチャー 3
6 アルク ヒアリングマラソン 2
6 NOVA 2
6 TIME 2
6 試験にでる英単語
2
6 英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け 2

「役に立った教材」とかぶっているものが多く、教材を活かすも殺すもその人次第、ということがわかる。

スピードラーニングが「失敗した」と思われるのは、テレビCMでの煽りがひどすぎるため、利用者の期待値を無駄に挙げていることが原因と思われる。1日5分から聞き流すだけでOK、というのはミスリードすぎる。訓練している最中は、集中して聞き取った英語の内容を理解する練習を繰り返さないと、英語がスッと頭に入ってくるようにならないよ。

 
その他

他にも色々なアンケート結果が記載されているのだが、「効果があった学習法」については、留学や英会話レッスンが効果的という結果で、そりゃそうだという感じ。

逆に、「効果がなかった学習法」では、携帯やゲーム機を使うという学習法がダントツで「効果がない」とされている。
ついついTwitterを見てしまったり、他のゲームをやってしまって集中できない、ということだろうか。

などなど、色々面白い調査結果が載っているので、GW中の移動や待ち時間の間にご一読されたい。

自分は、やっぱりiPadで学ぶ英語学習法が一番だと思ってます。(ステマ注意)

 

この記事はDiaryに投稿されました タグ: . このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事