このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。

Pocket

 

前回、Windows 8がプレインストールされたThinkPad Edge E130に、Windows 7を再インストールしようとしたわけだが・・

ThinkPad Edge E130にWindows 7を再インストール

ぐぬぬ。

「このディスクにWindowsをインストールすることはできません」となる。
詳細の表示をクリックすると、

「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。」とのこと。
 

ググり、diskpartでパーティションをクリアする必要があることがわかった。

以下、Windows 7インストール中に、diskpartを実行する手順。

1、インストール途中の画面で、Shift+F10を押し、コマンドプロンプトを立ち上げる。

2、diskpartと入力し、Enter。

3、list diskと入力し、Enter。
以下の例では、約300GBの空き容量のあるディスク 0に、Windows 7をインストールしたい。
ちなみに、15GBのディスク 1は、Windows 8のリカバリ領域。別に消しても構わないのだが、容量に余裕あったので残した。

4、select disk 0と入力し、Enter。

5、cleanと入力し、Enter。

これで、パーティションの状態をリセットできた。
exitを2回実行し、コマンドプロンプトを閉じる。

diskpart実行後、以下のようになる。
ディスク0 パーティション2を選択し、「次へ」をクリック。
※あ・・リカバリの領域が未割当になってもうた・・ま、いっか

無事、Windows 7のインストールができた。


 

それにつけてもWindows 8はクソ。

 

Pocket

この記事はWindowsに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

関連記事