さくらのレンタルサーバーにWordPressをクイックインストールする(3. WordPress導入)


 
前回の続き。

さくらのレンタルサーバーにWordPressをクイックインストールする(1. データベース作成)

さくらのレンタルサーバーにWordPressをクイックインストールする(2. ドメイン設定)
 

WordPressの導入

 

21、さくらのサーバコントロールパネルに戻る。
画面左のメニュー、「運用に便利なツール」から、「クイックインストール」をクリック。

カテゴリメニューから、「ブログ」をクリック。

22、「WordPress」をクリック。

23、インストール規約を読み、「確認」にチェックを入れる。

インストール先は、前回設定した独自ドメインを選択する。

ちなみに・・FQDNの後のディレクトリ名(デフォルトだとwp)は、空白にできない(必ず何かしらの文字列を入力する必要がある)。なので、例えば

http://hogehoge.com/wp/

になるので注意。ドメイン直下にWordPressをインストールしたい場合の手順は、別途書く。

データベースの接続情報とパスワードは、前々回データベースを作成した際の情報を入力する。

後は、データベースの接頭語の文字列として任意の文字列を入力し、「インストール」をクリック。

24、WordPressのファイルの展開が完了。
「アプリケーションの設定へ進む」をクリック。


 
25、WordPressの初期設定画面が表示されるので、

サイトのタイトルやユーザ名、パスワード、メールアドレスを入力。

なお、最近、WordPressのデフォルトの管理者名adminが狙われている。adminはもちろん、administratorやAdmin、editor、moderator等の推測されやすい管理者名はやめましょう。

【WordPress全ユーザー必読】最近のWPサイトに対する猛アタックの詳細と対策
http://www.seojapan.com/blog/wordpress-attack

「検索エンジンによる~」にチェックを入れ、「WordPressをインストール」をクリック。

26、インストール完了。


 
 
・・というわけで、2分は正直厳しいが、なかなか手軽にWordPressの導入は可能である。
4/24までらしいので、サイト立ち上げようという方は急ぎましょう。

なお、今回WordPressは、”http://<ドメイン名>/wp/”の下にインストールされている。
これだと嫌で、ドメイン名でアクセスするとブログが表示されるようにするには、以下を参照。

さくらのレンタルサーバで、独自ドメイン直下にWordPressをインストールするには


この記事はWordPressに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

トラックバック: 1

関連記事